スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告

雀龍門クローズドベータテスト

ついに雀龍門のクローズドベータテストが始まったようなので、試しにやってみました。
 
とりあえず最初にゲームに使用するニックネームを決める必要があるので、ここは当然慣れ親しんだ「ヒゲロング」で・・・
 
090318_01.gif
 
090318_02.gif
 
えっと。どうやら「ヒ『ゲロ』ング」というあたりが禁則表現にあたるようで、仕方なしに「ヒゲ」で登録。厳しいなあ。
 
ゲーム内容はというと、手出し位置が見れたり(それに伴い自動リーハイも並び順をカスタムできる)、これが出たらこの形で鳴くみたいな予約ができたり、後発のゲームらしい工夫も盛り込まれている様子。そして、前評判どおりグラフィックはとても美しい。
 
でもそれ以外が・・・。
やはり危惧していたとおり演出がイチイチうるさい。特にドラに対する反応にやたらと強いこだわりを見せており、僕がドラをきると
 
ヒゲ:私にこれはいらない!
下家:大胆な決断です・・・
対面:ポン!思わず鳴いちゃったわ(ハアト

みたいなやり取りが毎度行われる。しかも親切にもマンネリしないように、
「このドラに未練はありません」
「へー。いい度胸してんじゃねえか!」
「あえてドラをすてた・・・?」
「それで誘っているつもりかしら?」
など、様々なパターンの反応が用意されている模様。力を入れるところをちょっと間違っていると思う。
 
その他、チュドーン(1000点)など演出まわりに対するうるささを慣れでカバーするとしても、なにより問題なのはテンポの悪さ。体感的には一局の時間は天鳳の2倍はかかっている感じ。
 
サイコロ振って、ハイパイ取るところが妙にちゃんと表現されていたり、僕にとっては天鳳ですら遅いと感じている“和了役の提示”ももったいつけすぎ、点棒の受け渡しもいちいちうざったい。山を崩して牌を落とすところのCGまで表示してくれなくてもいいから、早く次の局やろうよ。
 
打牌モーションもいちいちリアルすぎてイラっとする。ゲームなんだから倍速でいい。プロの手の動きをキャプっているらしいのだけど、どうせキャプるなら、しっとりと吸いつくようなやわらかい皮膚で、しかもその指は長くしなり、親指が小指の横から第一関節以上も突き出る本当のプロの手のモーションをキャプってくれれば、もうちょっとサクサク進行できたと思う。
  
090318_03.gif
 
まあ今のところテストの第一段階なので、これからグッと良くなる可能性もあるし、一回ぐらいテストに参加してみるのもいいんじゃないでしょうか。どうせ無料だし。
 
ブログランキング
2009/03/18 04:22 | 日々の世迷い事 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<フィーリング麻雀打ちの憂鬱 | ホーム | もはや病気の域>>

コメント

みんな同じような感想を持ったようですね。テンポ悪すぎ。
【2009/03/18 06:56】 URL | ひなた なつみ #JalddpaA[ 編集]
「ゲロ」ガダメならアソコさんなんて完全にアウツじゃないすかw
【2009/03/18 20:59】 URL | #-[ 編集]
>>日向さん
日向さんもやってたんですね。
初めて麻雀ゲームやった人がどう思うのか気になるところですが、天鳳を経由しているとまず居つく気にはなれませんよね。
 
>>ななしさん
いまから確認しようかとも思ったんですが、起動もかったるい仕様のためやめました。
【2009/03/19 00:05】 URL | ヒゲロング #GCA3nAmE[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

LINK(Blog)

月刊ネットマージャン  

このブログをリンクに追加する

LINK(Utility)

RSS

PROFILE

ヒゲロング

ヒゲロングとしてネット麻雀天鳳に参戦。九段。

skypeID:hige-long

ブログランキング

>>このブログについて
>>ヒゲロングについて
>>1000戦解析
>>天鳳をやったことない人へ

ENTRY

COMMENT

TRACK BACK

CALENDAR

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。