スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告

天鳳てこんなところ

自分の周りの天鳳を打ったことない人向けに書いてみようと思いますが、基本的に物怖じせずにフリー雀荘で打てるレベルの人向けです。
 
 
■レベル
 
最初に天鳳をはじめると一般卓からのスタートになります。
大ミンカンの嵐にあったり、ひどいラス確を食らったりで、残念なレベルに正直戸惑うと思います。でも天鳳で麻雀のルールを覚えようとしている人達もいるくらいですから、ここはキレずに大人の麻雀を貫いてください。
 
200~400戦もすれば上級卓もクリアして、特上卓で打てるようになるのでそれまでの我慢です。
 
特上のレベルは高いです。
もちろんお豆クラスの人も多数含まれていますが、各フリー雀荘の勝ち頭クラスもゴロゴロいると思われます。プロも何人か観測されています。
平均を取れば、一般的なフリー雀荘よりはレベルが高いと思われます。
 
 
■モチベーション
 
金も賭けずに麻雀が打てるか
自分も最初はそう思っていましたが、平均順位Rを見ながらRPG感覚で打ってると、意外と打てるもんです
自分クラスになると点5フリーで刺さった程度なら
天鳳じゃなくてよかった
と思えるステージに達していますが、これはたぶん間違っています。
 
なお、リアルヒゲロングをご存知の方なら、フリーでの僕が終始「ニコニコ払いタイプ」であることは周知の事実ですが、そんな僕も天鳳で刺さると
っざけんなよ
と呟きながらマウスを叩きつけます。
科学的な要因は解明されていませんが、雀荘では終始無表情キングカスも同じ症状に悩まされているようなので、きっとあなたもマウスを叩きつけることになるでしょう。 
 
 
■打ち筋の特徴
  
フリー雀荘ではご祝儀があるので面前が優位という場面がたくさんありますが、天鳳には当然ご祝儀なんてないので、純粋に点数とスピードだけを考えて仕掛けをうちます。しかもネット麻雀特有の現象として、鳴ける牌が出ると
鳴きますか?
と一々たずねられるので、普段ならスルーする牌でも
鳴いてみるのもいいかもね
というカジュアルな鳴きも発生します。
 
その為、フリー雀荘に比べて鳴きの入る頻度が非常に高く、聴牌スピードも速いです。
 
また、特に東風戦にいえることですが、放銃を異常なほどに嫌います
これは東風戦だと、放銃後に取り返すのが難しいから、というのもありますが、なによりも天鳳特有の段位ptというものが影響しています。
 
天鳳の段位ptはもちろんトップを取ったときに大きくプラスされるのですが、ラスだけがマイナスペナルティを受けます。その為多くの人が
ラスだけは引きたくない
と考えて打っています。これはフリー雀荘で打っている人が基本的にトップを目指して打っていることを考えると、かなり異様に映るはずです。
 
天鳳最強の一角を占める保坂さんから非常に特徴的なこんな牌譜をお借りしたのでご覧ください。
※打っているのは保坂さんではなく、これまた天鳳でも屈指の強者クドーさんで、アクロバティックな仕掛けと繊細な守備で有名な人です。(大好きな方なのですが、とてもマネはできないです)。
 
080831_4.jpg
 
 
1順目からリャンメンの1m.gifチー。超不安定な3色のバックを本線に、役牌の重ねてのバック、さらに親としてのブラフも入っているものと思われます。
 
このチーもすごいのですが、この細い糸を手繰り寄せて得た2900点の聴牌を、裏目の4p.gifを引いたところであっさり2s.gif中抜きでベタオリしていきます。僅差でラスの下家に上がらせるわけにはいかないという判断でしょう。
 
これはかなり極端な例ですが、天鳳特有の仕掛けラス回避という意味でかなり象徴的な牌譜だと思います。
 
 
長くなっちゃったので今日はここまで。
他にもツールの使い方の簡単な解説や、役立つサイトの紹介のような天鳳ガイド的なテキストを今後もちょろちょろとあげて行こうと思っています。
スポンサーサイト
2008/08/31 16:22 | 天鳳ガイド | トラックバック(0) | コメント(2)

麻雀履歴書

諸々書き始めるにあたって、
書いてる人がどういうレベル(麻雀的な意味で)なのか
によって話がだいぶ違ってくるだろうと思うので、ちょっと麻雀履歴書を書いておこうと思います。


■高校時代


・すでにフリーデビューしていた中学時代の同級生キングカス(市川寛子)に、セットの面子あわせの為にルールを教え込まれる。


・年に数回同級生と卓を囲むだけ。


・時間をかければなんとか点数計算はできた。



■大学時代(前期)


・フリーデビュー。手がぷるった。


・フリー雀荘で天鳳元八段桜井アソコと出会う。


・インチキくさい小手返しを習得。


■大学時代(後期)


・点5の雀荘に常駐するようになり、自然な成り行きで雀荘メンバーとしてのバイトを開始。


・麻雀能力的にはピークを迎える。4年時には点5で確実に浮いていた。


■雀荘店長時代(大学卒業後1年だけ)


・就職活動もせずに麻雀ばかり打っていたら、間違えて店長になっていた。


・麻雀界の某カリスマ氏の弟子の方が多く来店する店だった影響か、高速(打牌的に)かつ攻撃的なスタイルが定着。


・点数計算能力がピークを迎える。


■社会人時代(今も社会人ですが)


・週末にフリーにいく程度の頻度になると同時にひどく能力が減退。点数の誤申告を繰り返し、70符にいたっては思い出せない。メンチンの待ちを間違えたり、「ロン」発声でツモあがったり、とにかくグダグダ。


・スタイル的には攻撃的を通り越してただのゼンツに。


■天鳳開始(2007/10~2008/2)


・八段として最盛期を迎えていた桜井アソコの勧めで天鳳を開始。


・2008年1月特上に上がると同時にロング確変をひきあて、平均順位は1月2.35(231戦)、2月2.36(429戦)。しかし2月の後半からひどい地獄(実力モード)をひいてめんどくさくなり一時引退


・雀ゴロとして成熟期を迎え、行き着けの雀荘では「集金マシーン」と呼ばれるまでになっていたキングカス(市川寛子)に天鳳を紹介。最初は馬鹿にしていたが、結局はまって打数ランキングの常連に。集金しにいけ



■天鳳再開(2008/7~)


・久々に戻ってくるも大苦戦し、いきなり6段から5段に降段。天鳳の打ち方を忘れているのあるが、特上R制限のせいでレベルが格段に向上していることも影響し、ラスの山を築きながら現在に至る。


▼08/08/31現在の成績(解析ツールは最近の500戦)
080831_1.gif

※旧特上の成績が公式と違うのはなぜだろう。


080831_2.gif


080831_3.gif


この強烈に高いラス率と放銃率をどうにかしないと・・・。
2008/08/31 01:03 | このブログについて | トラックバック(0) | コメント(2)

このブログについて

はじめまして。
ヒゲロングといいます。


はじめにこのブログの趣旨なぞ。


天鳳をやっていて、「これは・・・」などと思うことなどがしょっちゅうあるわけですが、友達にわざわざ伝えるほどのもんでもなく、吐き出す場所が欲しかったりすることがあります。
フリーだったら、馴染みのメンバーや同卓者にちょろっとこぼすくらいのレベルで。
そんなことをダラダラと書き連ねるのがこのブログです。


あとは身内の麻雀打ちに天鳳を勧める時に「このブログみといて」で済むと楽だなぁ、とか思ったり。


麻雀がうまいわけではないので戦術ブログにはなり得ないし、何かレボリューション的なことを起こそうという気概もまったくもってありません。
よって、基本的に役にたたないのでご注意ください。


そんなこんなで体温の低いブログになると思いますがよろしくお願いします。


なお、もちろんリンクフリーですし、相互リンク歓迎します。
2008/08/30 22:50 | このブログについて | トラックバック(0) | コメント(3)

LINK(Blog)

月刊ネットマージャン  

このブログをリンクに追加する

LINK(Utility)

RSS

PROFILE

ヒゲロングとしてネット麻雀天鳳に参戦。九段。

skypeID:hige-long

ブログランキング

>>このブログについて
>>ヒゲロングについて
>>1000戦解析
>>天鳳をやったことない人へ

ENTRY

COMMENT

TRACK BACK

CALENDAR

08 | 2008/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。